介護事業をはじめるならファクタリングは知っておこう

ファクタリングとは、資金操りに困った中小企業がすぐに現金を調達するためのシステムです。


利益が出ている企業が倒産してしまうことを黒字倒産といいますが、たとえ年間あたりの利益が出ていても、その時点でお金がゼロになってしまったら企業は税金や従業員の給料が払えないので倒産してしまいます。


例えば、10月に回収できる予定の売掛金債権が2000万円あったとします。

安心できるおすすめのファクタリングについて補足説明いたします。

売掛金最近はほぼ現金と同じ価値を持ちますが、10月になるまでは手に入れることができないお金です。

2000万円の権利を持っているのだからこの企業は成長企業だと言えるかもしれませんが、8月の時点で手持ちの資金がゼロになり、従業員の給料や、店舗や設備の維持費が払えなくなったら企業は存続できません。

通常は、銀行などから融資を受けることになりますが、銀行も資金操りが悪化しているような企業にはお金を貸したいとは思いません。

そこで、ファクタリングというサービスが役に立ちます。


ファクタリングを利用すれば、売掛金をすぐに現金に換えることができます。



高額な手数料がとられるので、例えば1割の手数料がとられたなら2000万円の売掛金は1800万円にしかなりません。



それでも、黒字倒産をすることは避けることができます。最近では介護業界でもファクタリングを利用することができます。

医療報酬や介護報酬などは、請求してから口座に振り込まれるまで2ヶ月のタイムラグが発生しますので、その間に資金がゼロになってしまうリスクがあります。

介護報酬のファクタリングは、回収リスクが小さいので手数料が低めに設定されていることも多いです。しかし銀行で借りたほうがコストはかからないので、なるべく早い段階で銀行融資を検討しておきましょう。