自分に合っている化粧品がないと様々なメーカーの化粧品に次々と手を出して困っている、いわゆるコスメジプシーは意外と多いようです。

今は無添加やオーガニックがいいといった風潮があるので、最初からそういったちょっと高めのものばかりを選んで試していませんか。実は無添加ゆえに肌に合わない可能性があるのです。無添加とは鉱物油、香料、着色料、パラベンなどいわゆる体に有害とされるものを含まないことを指します。ただ、これは薬事法に定義がないので、どれが一つを含まないだけでも名義上は無添加とうたってもいいのです。そのため無添加とかかれていた場合、何が無添加なのかは使用者の方できちんと確認しないといけないのです。またオーガニックを好んで選んでいる人も注意です。オーガニックというと天然由来なのであたかも肌によさそうですが、天然だからといって必ずしもアレルギーがないとは言えません。

そばや卵などの食品でもアレルギーがあるように、天然由来でも肌に合わないアレルゲンとなる可能性があるのです。それではどうしたらコスメジプシーを卒業できるのでしょうか。まず価値観の転換が必要です。無添加やオーガニックしか使わないというのではなく、それ以外の化粧品にももう一度目を向けてみることです。少なくとも日本で販売されている化粧品には昔のように化粧焼けするような原材料は使われていないはずです。逆に考えると技術が発達した現在ではきれいに生成された鉱物油の方が安定性が高くて肌にやさしい可能性もあるわけです。視点を変えることで本当に自分に合ったコスメが見つかる可能性が高いのです。
ロダンフィールズのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *