介護事業でのファクタリングのメリット

category01

ファクタリングは、一般的には企業間の売掛金のやり取りにおいて、売掛金債務者とファクタリング業者が契約することで、債権者に業者が売掛金相当のお金を売掛金の支払い日よりも先に支払い、その後売掛金支払い日までの債務者が業者に売掛金を支払う仕組みになっています。近年では、介護事業でこのファクタリングを適用することのメリットに注目されています。
介護事業においては、サービスを行ってから、その代価が入金されるまで約2か月必要です。

ファクタリングについて説明致します。

このことが、介護事業のキャッシュフローの改善を阻害する要因の日乙となっています。

しかし、この事業にファクタリングを導入すれば、介護事業者は約1.5か月早く、保険給付費請求額の80%程度を上限として資金を回収することが可能となり、その文キャッシュフローが改善されます。キャッシュフローが改善されれば、事業者は安定した経営を行う可能性が高まります。



また、新規に事業を立ち上げたいけれども、資金回収までのキャッシュフローの悪さに躊躇している潜在的な事業者が事業を始めるための敷居も低くなり、業界の活性化にもつながります。

業界が活性化することは、利用者にもメリットがあります。

まず、安定してサービスを受けることができますし、事業者が多くなれば、より高品質なサービスを受けることができる方向に業界全体が進むことができます。このように、介護事業でファクタリングを利用することは事業者にも利用者にもメリットがあることなのです。



ファクタリングについて思うこと

category02

日本は超高齢化社会となっており、介護業界の規模は年々大きくなってきているところです。介護サービスには老人保健施設や老人福祉施設への入所サービスや、通所サービス、訪問サービス、有料老人ホームなど多くのサービスがありますが、多くのサービスには介護保険制度が関係しています。...

subpage

ファクタリングの話

category02

ファクタリングとは、資金操りに困った中小企業がすぐに現金を調達するためのシステムです。利益が出ている企業が倒産してしまうことを黒字倒産といいますが、たとえ年間あたりの利益が出ていても、その時点でお金がゼロになってしまったら企業は税金や従業員の給料が払えないので倒産してしまいます。...

subpage

ファクタリングの基本知識

category03

ファクタリングを活用すれば、介護の事業の資金を早く入手できるようになります。ファクタリングは一つの事業の売掛金を現金化するもので、銀行からの借入をしないで済むメリットがあります。...

subpage

知りたいファクタリング事情

category04

介護事業主が困る悩みは、急な資金繰りが必要な時です。今までは銀行などの借入、国民健康保険団体への請求で、資金をやりくりするのが一般的でした。...

subpage